待ち合わせの時間よりだいぶ早く現地につき、北千住マルイ前のベンチでスマホをいじっていたら・・・

「あらあらぁお待たせ、お待たせぇ~」

お待ち合わせのご婦人が何名か集合された様子。

「大変、大変。のぶちゃん待ち合わせの時間、勘違いしてて今家でたって~」

(あらそれは大変)

「チケット私が持ってるから先いって」

(これから観劇かなにかかな?いいですネ)

「あら、まだ大丈夫よ!だって12時過ぎからでしょ」

この時お時間


9:30



・・・早すぎです。


すると一緒にいたどなたかが

「それよりあなた、今のうちにチャージしてきたら?カズミにやってもらったらいいわよ!」

と、グループ内にどうやら(比較的)若い人がいる様子。

「チャージっていくら?500円くらい?」


「500円じゃどこにも行かれないわよ~」


あっはっは~

ドリフの合いの手バリの笑い声。


なぜ私がこんなにこの方たちの会話を聞いてしまったかというと

ベンチに座る私を取り囲むように集合して頭上で会話なさっていたから


なぜ私がこの方たちの容姿を一切見ていなかったかというと


すぎて顔を上げられなかったから


(あれ?私・・・今、透明?消えてる??)

って、ドキドキしました。